« 『月刊佐藤純子』読了 | トップページ | 『入り婿侍商い帖 出仕秘命(三)』読了 »

2017年3月30日 (木)

『大阪の神さん仏さん』読了

大阪を例に神道や仏教について論じた本。著者の所属あるいは研究する浄土真宗や天神信仰中心だが、宗教から見た大阪、大阪に見る宗教についてわかりやすく論じている。内田樹のお友達ということで知っていたが、さすが釈先生は仏教を語らせたら見事。対談本というものはあまりよくないと思っていたが、この二人の対談部分は良い。

|

« 『月刊佐藤純子』読了 | トップページ | 『入り婿侍商い帖 出仕秘命(三)』読了 »

コメント

ご無沙汰をしております。
28日の記述と本日の卒業報告、やはり寂しいですね。
「思わぬ病(少々厄介な)」 の言葉は他人ごとでは無いので心配しております。
(このページに書くことでは無いのかも知れませんが・・・、私個人としては詳細が知りたいです。)

毎回、このページから大学や渋谷の近況を知る様々な情報を得ていましたので、実に寂しくなります。
特に写真が何時も気に入って居ました。
今回の正門前での勇姿(使い方が違うと指摘されそうですが・・・)は、私のファイルに残させていただきましたよ。

喜多山氏に関する調査記録も興味深く拝見していましたので、その続きは何処で知ることが出来るのでしょうか?
お教えいただけると幸いです。
大学の図書館や、都内の某所でお会いしたいものです。

読書時間が今までより、より多くなりこのページの更新も頻繁になるのでしょうね。
それを楽しみにしています。

投稿: rikyu-san | 2017年4月 2日 (日) 23時55分

> rikyu-san

入院期間を含め、読書時間は多くなるでしょうが、記載は多くなるかどうか?
ちなみに今、青空文庫で「銭形平次捕物控」を読んでいますが、どの時点でどんなコメントをしたらよいのやら。(笑)

投稿: haute_contre | 2017年4月 3日 (月) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪の神さん仏さん』読了:

« 『月刊佐藤純子』読了 | トップページ | 『入り婿侍商い帖 出仕秘命(三)』読了 »