« 『挑戦者たち』読了 | トップページ | 『岩波少年文庫のあゆみ 1950-2020』読了 »

2021年8月31日 (火)

『京都まみれ』読了

著者 : 井上章一
朝日新聞出版
発売日 : 2020-04-13

(借.新宿区立図書館)
『京都ぎらい』の続編。基本は京都的なものを論じる裏返しの京都論なのだが、今回は東京との比較あるいは地名から論じている。とはいえ地名は一筋縄ではいかないもの、細かいことを言えば西京区のところで奈良の西ノ京はどうなのだとか山口あたりが西京を称する理由とか、東京の文京区については全国各地にある文京町はどう考えるとかが書かれていない。そもそも京都至上主義者としてたびたび言及される梅棹忠夫の先祖が江戸末期に近江・琵琶湖の北端菅浦から京都に移り住んだことにも触れていない。あと新宿が東京代表的地名の一つとなっているようだが、もともと新しい宿場の意味の普通名詞だし(都内にも「にいじゅく」が別にある。そもそも「京都」自体が普通名詞だし、その辺から解いていくと大変なことになりそう。
まあ、そんなそもそもは置いておいて、「京都」周辺の京都人が「京都」をどうみているかの論としてはなかなか面白いけど。(「京都」の区別については本文参照)

|

« 『挑戦者たち』読了 | トップページ | 『岩波少年文庫のあゆみ 1950-2020』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『挑戦者たち』読了 | トップページ | 『岩波少年文庫のあゆみ 1950-2020』読了 »