« 『稗田のモノ語り 魔障ヶ岳 妖怪ハンター』、『妖怪ハンター 稗田の生徒たち 1』読了 | トップページ | 『廃仏毀釈 ―寺院・仏像破壊の真実』読了 »

2021年9月29日 (水)

『満つる月の如し 仏師・定朝』読了

(借.新宿区立図書館)
仏師定朝の平等院鳳凰堂阿弥陀像にいたる造像活動と皇女殺人事件を組み合わせて長編小説としたもの。殺人事件の犯人と名乗り出た僧を比叡山の学僧で朝廷でも重んじられたとして造形。ただその劉範の心理さらに定朝の心理の描き方がちょっと甘いように感じられた。最後の方の皇女殺人と犯人として名乗り出る部分の必然性に少々無理がある。そもそも尊容満月の如しと評された阿弥陀像が、小説で描かれた中務のはかなげな風情と合わないと思う。芥川の「地獄変」的な芸術至上主義を織り込んだりした部分も少々設定に無理がある。そして全体的に冗長(定朝だけになどとシャレを言っている場合ではないが)。悪い作品ではないと思うがいまいちピンとこないというのがこの作者の作品(特に直木賞作品を含む長篇)に共通する印象。

|

« 『稗田のモノ語り 魔障ヶ岳 妖怪ハンター』、『妖怪ハンター 稗田の生徒たち 1』読了 | トップページ | 『廃仏毀釈 ―寺院・仏像破壊の真実』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『稗田のモノ語り 魔障ヶ岳 妖怪ハンター』、『妖怪ハンター 稗田の生徒たち 1』読了 | トップページ | 『廃仏毀釈 ―寺院・仏像破壊の真実』読了 »