« 『ぶらり長崎 ―歴史・文学散歩』読了 | トップページ | 『日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る』読了 »

2021年9月16日 (木)

『コサック~1852年のコーカサス物語~』読了

(Kindle Unlimited利用)
トルストイ前期のコーカサス(露名カフカス)を舞台にした小説。小説としてはいまいち全体の統一が取れていないような気もする。最後は一気にむりやりまとめてしまった感も。それはそれとして「コサック」たちの生き方など、あくまでもロシア貴族にとってではあろうが、魅力的に描かれている。
さらに解説を読むと現在のチェチェンとの関係などロシア周辺地域の状況を知るための参考にもなる。グルジアがなぜ英語名のジョージアになったかとかもうなずける。ここもまた民族のるつぼ。

|

« 『ぶらり長崎 ―歴史・文学散歩』読了 | トップページ | 『日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ぶらり長崎 ―歴史・文学散歩』読了 | トップページ | 『日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る』読了 »