« 『看取り医 独庵』読了 | トップページ | 『諸星大二郎 デビュー50周年記念 トリビュート』読了 »

2021年9月20日 (月)

『千霊一霊物語』読了

(Kindle Unlimited利用)
大デュマの作品にしては面白さ(AMUSING)が足りないような。幻想怪奇譚なのだがキリスト教味あるいは王政回顧味が多すぎるからだろうか。まあ、デュマがこういうのも書いているという興味で読むのはありだろう。
なお、解説でデュマが「貴族を愛する共和主義者」だとするのは興味深い。

|

« 『看取り医 独庵』読了 | トップページ | 『諸星大二郎 デビュー50周年記念 トリビュート』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『看取り医 独庵』読了 | トップページ | 『諸星大二郎 デビュー50周年記念 トリビュート』読了 »